本文へ移動

杵藤地区広域市町村圏組合消防本部

消防広報

平成23年3月14日〜22日 緊急消防援助隊が出動しました!

活動を終え、帰路へ
杵藤地区から岩手県野田村まで約1,800㎞。

  • 活動を終え、帰路へ
  • 活動を終え、帰路へ

今回の派遣は、消防車両で1,300㎞以上もの移動や福島原発付近の通過、気温-9度の中での野営など初めての事ばかりでした。
被災地では、津波でありとあらゆるものが流されました。その中には行方不明者も含まれ、たくさんの瓦礫が堆積している広範囲の中からの捜索でした。

3月22日09時30分
金立サービスエリアに於いて緊急消防援助隊佐賀県隊の解隊式がありました。

  • 金立サービスエリアに於いて緊急消防援助隊佐賀県隊の解隊式

杵藤地区隊の8名も無事に帰ってきました。
緊急消防援助隊後方支援部隊 杵藤地区隊の資機材搬送車です。

  • 緊急消防援助隊後方支援部隊 杵藤地区隊の資機材搬送車

緊急消防援助隊消火部隊 杵藤地区隊のポンプ車です。

  • 緊急消防援助隊消火部隊 杵藤地区隊のポンプ車

佐賀県隊解隊式の後、佐賀大学医学部附属病院の協力により隊員たちの被ばく量を測定しました。
隊員、車両ともに問題ありませんでした。

  • 隊員たちの被ばく量を測定
  • 隊員たちの被ばく量を測定
  • 車両の被ばく量を測定

3月22日12時00分
杵藤地区消防本部に到着。
労いの言葉を掛けようと本部職員らで、隊員たちを出迎えました。

  • 杵藤地区消防本部に到着

震災で亡くなられた多くの尊い命に黙祷。

  • 震災で亡くなられた多くの尊い命に黙祷

3月22日13時30分
杵藤地区隊の解隊式を行いました。

  • 杵藤地区隊の解隊式
  • 杵藤地区隊の解隊式

この緊急消防援助隊での活動経験をもとに、発災による多くの犠牲者を出さないためにも、被災時における応援、受援体制の見直しや資機材の充実などを再検討しながら、災害発生時における態勢の強化を図ってまいります。

今回、3月14日から22日までの9日間、活動に従事した8名の隊員たちです。

  • 3月14日から22日までの9日間、活動に従事した8名の隊員たち