本文へ移動

消防お知らせ

記事掲載日:2020年01月10日

ガソリンを携行缶で購入される皆様へ

 令和元年7月に京都市で発生した爆発火災を受け、同様の事案の発生を抑止するため、令和2年2月1日からガソリンを携行缶で購入する際に、消防法で次の事項が義務化されます。


①本人確認(運転免許証、マイナンバーカード等)

②使用目的の確認(農業用、発電機用等)

③販売店(ガソリンスタンド)では、販売記録の作成


ガソリンを携行缶で購入の際には、販売店から上記①、②の事項について確認がありますので、ご理解とご協力をお願いします。

なお、ガソリン携行缶は消防法に適合した、金属性容器等を使用してください。

←前の記事へ     ↑一覧へ戻る     次の記事へ→