本文へ移動

介護保険お知らせ

記事掲載日:2022年06月24日

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により著しく収入が減少し、介護保険料の支払いが困難になった場合は、申請により介護保険料の支払いを猶予したり減免したりする制度があります。

対象者  第1号被保険者(65歳以上の方)


減免の事由

1 新型コロナウイルス感染症により、第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する方が死亡 または重篤な傷病を負ったとき。

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、第1号被保険者の属する世帯の生計を主として維持する方 の事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれ、次の(ア) 及び(イ)の全てに該当するとき。

(ア)事業収入等のいずれかの収入の減少額が令和3年の当該事業収入等の額の3割以上であること。

(イ)減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和3年の所得の合計額が400万円以下で あること。

減免の対象となる保険料

 令和4年度の介護保険料(令和3年度分の令和4年4月1日以降の納期限の介護保険料を含む)であって、 令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に納期限が設定されているもの。


【 提出書類 】

1 令和4年度 介護保険料減免申請書(新型コロナウイルス感染症の影響による者用)

2 令和4年度 収入(見込)申告書(新型コロナウイルス感染症の影響による者用)


詳しくは、お住まいの市町介護保険担当窓口または介護保険事務所業務課業務係まで、ご相談ください。


申請・届出様式はこちら

←前の記事へ     ↑一覧へ戻る     次の記事へ→